MENU

転職するために、今必要な視点記事一覧

肉体的&精神的なタフさが成功の秘訣転輌に成功している人=転幅活動をしっかりしている人「転職には何が必要か」との問いに対し、よくある答えが「自分のやりたいことが明確であること」というものです。ただ、「やりたいこと」が明確な人はどれだけいるでしようか?将来の目標が具体的であるのはよいことですが、そうでなくても転職を成功させている人はたくさんいます。視点を変えて、転職に成功した人の共通点を見ると、「転職...

経験がより重視される転職シーンヘリーマンショツクは転職市場にも影響大2008年9月、アメリカの大手証券会社リーマン・ブラザーズが経営破たんし、世界経済に大きな衝撃を与えたことは記憶に新しいところです。アメリカ経済への不安感から、世界的に投資が冷え込み、日経平均株価は一時7000円台まで落ち込み、バブル後最安値を更新しました。このことは、転職市場にも大きな影響を及ぼしました。それまで長く続いていた、...

厳しい時期だからこそのチヤンスをつかむ過去の事例に学ぶ、今募集する企業は”強い“「転職市場が厳しいから、転職を控えるべきか」と言えば、答えは「ノー」です。不景気の真っ只中、各企業が投資を抑える一方で、新しく人を採用しようとしている企業があります。こういった企業は勢いがあり、拡大意向のある企業と考えられます。2008年秋のり―マンショツクで、ほとんどの企業が業績を下げている中、逆に好業績で注目を集め...

転職市場を俯瞳して見れば、負けていないことに気付くチャンスが目の前にあるのに「どうせ厳しい」とあきらめがち景気が後退した時期にとても多いのが、「景気が悪いから、どうせ転職は厳しい」などと、転職活動を始める前から自信を失い、転職自体をあきらめている人です。その時に報道されている景気や時代の情勢を見て、自分でハードルを高くしてしまっているのです。周囲の意見に左右されすぎて、自分の意志を決められない人も...

素早い行動は自分の価値を高め、ライバルに差をつける転職は「3か月で決める」と目標を定めて進めよう繰り返しになりますが、転職活動にはパワーが必要なので、長く続けば疲れてしまいますし、中だるみもしがちです。応募書類の送付から内定が出るまでの期間は、3か月程度が一般的ですから、まず最初は「3か月で決める」と目標を決め、勢いよく活動しましょう。特に離職者の場合、3か月で終えられるはずの転職活動がそれ以上長...

活動の行き詰まりは客観的な視点で突破袋小路化の主な原因は憧れや思い込みでの絞り込み転職活動に行き詰ってしまう人には、大きく分けて2つの傾向があります。まず、 一つの業界にこだわり過ぎてしまう人。自分の特性やスキルを十分理解した上であれば問題ないのですが、漠然とした憧れだけで業界を絞るのは自分の可能性を狭めかねません。また、「これまで働いてきた業界に絞りたい」という人も多いのですが、業界が違っても培...

「どういう状況なら頑張れるのか」を考えてみる「やりたいこと」を固有名詞でとらえない転職したいと考える人の多くは、「何か新しいことをしたい」という気持ちを持っています。ただ、その「何か」が明確な人は多くありません。多くの人が「自分は何をしたいのか」と思い悩み、転職活動で足踏みしてしまいがちです。これは、「やりたいこと」のとらえ方に問題があるように思います。20?30代の人に、「何をしたいんですか?」...

イメージだけでとらえがちな「安定」の条件を考えてみる「安定した企業」という考えは実は曖昧不景気になるほど「安定した企業」を志望する人が増えます。多くの人が将来に不安を覚え、「安心したい」と望むからなのでしよう。では、「安定した企業」とは、どういう企業のことでしようか?「経営基盤がしっかりしている企業」とよく聞きますが、「経営基盤」とは何のことでしようか? 従業員数が5000人いたら、「経営基盤がし...

転職後の働き方をイメージして活動しよう志望通りのITコンサルに内定わずか1年で退職IT業界の営業職でキャリアを積んでいたAさんは、キャリア中盤にさしかかり、IT業界の中でも上流の仕事と言われるITコンサルタントヘ憧れを抱き、転職活動を始めました。技術的な知識もあったので、志望通りITコンサルティング会社に転職しました。しかし、Aさんはわずか1年程度でこの会社を退職しています。理由は、同社の業務スタ...

行動を起こすことが、自分の可能性を広げるチャンス説明会での出会いが縁で保険会社の営業職ヘ飲食店勤務の社会人生活2年目のAさんが、仕事を辞め活動を始めた事例を紹介します。Aさんは、接客など人と接する仕事は気に入っていたものの、不規則な勤務体系が辛くなったために、土日休みの仕事を希望していました。職種については、「なんとなく事務のような仕事をしたい」と言っていましたが、事務は大変人気があり、高いスキル...

志望条件を書き出し、優先順位をつけるすべての希望条件を満たす会社はほとんどない転職をしようとする人の多くは、「次の会社ではこれまでの不満をすべて解消したい」と考えています。しかし、それは正直言って大変難しいことです。たとえば、「顔がよくて、年収が高くて、優しくて……」と結婚相手を探したら、ほとんど見つからないでしよう。そこで、「優しければ、年収はそこそこでいい」と条件を緩めると、 一気に該当異性が...

覚悟を決めないままの転職はキャリアを傷つける「覚悟」を決める見合い結婚の方が離婚率が低い!?お見合い結婚をした夫婦と恋愛結婚をした夫婦、それぞれの離婚率を比較すると、 一般的にお見合い結婚の方が離婚率が低いと言われています。現在では様々な形の「お見合い」が生まれていますから、 一概には言えませんが、離婚率に差がある理由の一つとして「覚悟の違い」が挙がるのではないでしょうか。お見合い結婚の場合は、こ...

「自分がどう見られるか」―― 客観的な視点を身に付ける即戦力になる人材が求められる傾向にある繰り返しになりますが、今は企業側に余裕がある状況ではありませんので、ポストに空きが出た場合の補充として、即戦力になる人材を求める経験者採用に偏りがちです。採用してからじっくり育てていく、ポテンシヤル採用は減ってきています。つまり、企業側が必要としている経験やスキルを確実に持っている人が求められているのです。...

業務の高度化で、「会話力」がますます重要視されているコミュニケーションスキルが必須条件となる背景現在、ほとんどの求人票に、必要なスキルとして「コミュニケーションカ」と書いてあります。この背景には、ITや流通の発達などにより、数年前に比べ仕事のスピードが格段に上がったことが挙げられます。これに合わせて業務の効率化が進み、役割分担が細分化されました。今は、社内の上司やプロジェクトメンバーはもちろん、外...